簡単!時々でOK!トイレ掃除の三種の神器でラクして綺麗に。

掃除

仕事、家事、子育て、介護など、日々やらなければいけないことはたくさんあります。

その中の1つ、「トイレ掃除」。
トイレは綺麗な状態に保ちたい、でもこまめに掃除するのも面倒ですよね。

私も学生の頃から
「ささっと簡単に掃除できて、掃除の回数も少なくて、でも綺麗なトイレを保つにはどんな方法があるんだろう」
と思い続け、最終的に3つの掃除アイテムに落ち着きました。

勝手に「三種の神器」と名付けてご紹介するのは、どれも薬局で手に入る簡単な物です。
近所の薬局に無くても、Amazonや楽天でもたくさん取り扱っているので、気になったらぜひ試してみてくださいね。

「ブルーレットおくだけ」と「トイレスタンプ」

ブルーレット写真

ブルーレットとトイレスタンプの併用で掃除頻度を減らす

歴史の古い「ブルーレットおくだけ」と、最近よく見かける「トイレスタンプ」。
どちらかを使ってる人は多いと思いますが、両方一緒に使うと、トイレが汚れるスピードがかなり遅くなります。

まず掃除の前段階として、

  • ブルーレットおくだけ … 中の液体が無くなったらつけ替え用と交換
  • トイレスタンプ … ジェルが溶けて無くなったら新しくスタンプする

この2つを繰り返すだけ。

また、「家のトイレはブルーレットに水が当たらない!」という方も大丈夫。
ブルーレットおくだけは水がかからなくても使えます。

https://kaiteki-chokin.com/bluelet/

トイレスタンプは透明で目立たない物もあれば、減りがわかりやすい色付きのもの、香り付き、可愛い花の形のものなど様々。
好みに合わせて選んでくださいね。

ちなみに私が愛用しているのは、除菌力99%の「液体ブルーレットおくだけ除菌EX」と、バスタブ掃除でも有名な「スクラビングバブル トイレスタンプ」です。

「ブルーレットおくだけ」は、どのシリーズも洗浄・防汚効果がありますが、トイレの黒ずみを抑える除菌剤が配合されているのは、除菌EXタイプのみです。

私のように、トイレ掃除の回数をできるだけ減らしたい人は除菌EXを買いましょう!

「流せるトイレブラシ」で清潔さを保つ

そろそろトイレを掃除しようと思ったら、次はトイレブラシの出番です。
ところで、トイレットペーパーのように流せるトイレブラシがあるのはご存知でしょうか?

トイレブラシは雑菌がいっぱい

実はトイレで雑菌が一番多いのは、便器ではなくトイレブラシだという調査結果が出ています。

(詳しく知りたい方は下記の記事が参考になります。)
トイレの雑菌をちょっと科学しよう:快適な暮らしのために|ジョンソン株式会社

この事実を知って、私はすぐに流せるトイレブラシに使用を切り替えました・・・。
雑菌だらけのブラシで擦って、綺麗になっているのかわかりませんし、そんなトイレブラシを狭い個室に放置したくなかったので。

「スクラビングバブル 流せるトイレブラシ」は、持ち手部分である本体と洗剤付きのブラシが別々になった商品です。

流せるトイレブラシの写真
使い終わったら、ブラシ部分をポイっとトイレに流して終わり。
(ブラシは紙製で水に溶けるので、詰まりません)

また、ブラシには洗剤がついているので、トイレ用洗剤を用意する必要はありません。
水につけて擦っているだけで洗剤が溶け出してくるので、これ一本で済む、とても便利な商品です。

ハンドル部分はスリムな形状なので、コンパクトに収納できます。
流せるトイレブラシはスペースを取らない

初めて買うときは、本体とブラシがセットになっている箱タイプを買いましょう。
一度本体を購入したら、あとは付け替え用のブラシの購入だけで済みます。

まとめ

  • ブルーレットおくだけ
  • トイレスタンプ
  • 流せるトイレブラシ

上記3つのアイテムを使って、なるべく楽で、綺麗になるトイレ掃除を続けていきたいですね。

私は最後に、手作りの殺菌・抗菌アロマスプレーで、座面や、流せるトイレブラシのハンドルをサッと拭いて終わらせています。