ゴム管用ソケットL型とS型の違い。どっちがいいの?

家電・設備

引っ越しとガスコンロの買い替えにより、新しいゴム管とゴム管用ソケットを買いに行った時、
「なんかたくさんパーツがあって、どれを買えばいいのかわからない…」
となったことがあります。

「S(ストレート)型? L型?」
「カクダイの584-101と584-102って形以外に違いってあるの?」
など、ゴム管用ソケットのL型とS型の違いと選び方を写真付きでまとめました。

同じように困っている方の参考になれば幸いです。

L型とS型の機能は同じ!ガス栓の配置に合わせて準備しよう

カクダイのゴム管用ソケットの584-101(S型)と584-102(L型)を例にあげます。

まず、L型とS型(ストレート型)の機能は同じです。
接続口の形も同じなので、「S型がはまるのにL型ははまらない!」ということもないので安心してください。

ではL型とS型のどっちを購入すればいいかと言うと、自宅のガス栓とガステーブル(ガスコンロ)の位置・向きによって決まります。

たとえば私の自宅の場合、ガステーブルとガス栓の位置は下記の写真の通りです。

ガスコンロの後ろにゴム管をつなぎたいのに、ガスの元栓は前方に向かって突き出しています。
この場合、L字になっているL型ソケットが適しています。

下を向いているガスの元栓から、ゴム管を横を伸ばしたい場合にもL型が適していますね。

結論

このように、ガス元栓の差込口からガステーブル(ガスコンロ)まで、

  • ゴム管をまっすぐ伸ばせるのならS型
  • まっすぐ伸ばせないならL型

と考えるといいと思います。

ガスのゴム管用ソケットはどこに売ってるの?

ガステーブル(ガスコンロ)の設置に必要な器具の種類・購入場所については、下記のページにまとめています。