楽天カードや楽天銀行カードに3Dセキュアを設定する方法

買い物

「楽天カード」あるいは「楽天銀行カード」で、3Dセキュアを設定する方法をまとめました。
3ステップで簡単にできます。

3Dセキュアとは、カードの暗証番号や裏面のセキュリティコードとは別の本人認証サービスです。
新たに第2のパスワードを設定することで、よりクレジットカードの安全性を高めることができます。

楽天カードや楽天銀行カードに3Dセキュアを設定する方法

楽天カードや楽天銀行カードで設定できる本人認証サービス(3Dセキュア)は下記になりますが、設定方法は同じです。

  • American Express「American Express SafeKey」
  • Mastercard「Mastercard SecureCode」
  • Visa「Visa Secure」
  • JCB「J/Secure」

※本人認証サービスは各ブランドで名称が違います。

方法① 楽天e-NAVIにログインする

まず、楽天e-NAVIにログインします。
楽天ユーザID(楽天市場でお買い物をする時のIDとパスワード)を入力して、ログインしましょう。

※楽天銀行カードをお持ちの方も、楽天銀行ではなく楽天e-NAVIにログインしてください。

方法② 楽天e-NAVIで本人認証サービスを設定

トップページから、

お客様情報の照会・変更 > 安心サービス > 本人認証サービス(3Dセキュア)の登録・変更

ページへと移動します。

方法③ 3Dセキュア用のパスワードを登録

「本人認証サービス(3Dセキュア)の登録・変更」ページでパスワードを設定したら、3Dセキュアの設定は完了です。

この後、本人認証サービスに参加している加盟店でお買い物をするとき、最後にパスワードを聞かれるようになります。
そのとき、このページで設定したパスワードを入力しましょう。

パスワードを変更したいときも、このページで変更ができます。

まとめ

楽天カード、あるいは楽天銀行カードの3Dセキュアの設定は、

の3ステップで簡単にできます。

3Dセキュアを設定していないとクレジットカード払いが利用できないオンラインショップもあるので、必要に応じて設定をしましょう。