楽天ひかりの引越手続きは1ヶ月以上前にしよう!手続きの流れと費用

光熱費

先日、「楽天ひかり」の引っ越し手続きをしたのですが、工事無しでも思っていたより時間がかかりました…。

新居に引っ越してすぐにインターネットを使いたい場合は、1ヶ月以上余裕を持って手続きをした方がいいです!

参考までに、手続きの流れと費用、開通までにかかった時間をまとめました。

手続きの流れ

手順① WEBか電話で手続きの申し込み

まず最初に、引っ越し手続きの申し込みをするには2つの方法があります。

  • (1)メンバーズステーションからWEB申込
  • (2)カスタマーサポートに電話申込

簡単なのは、(1)のメンバーズステーションからの申し込みだと思います。

(1)メンバーズステーションからWEB申込をする場合

楽天ブロードバンドのメンバーズステーションにログインして、下記の手順で申し込みます。

「会員メニュー」

「登録情報・設定変更」

「楽天ひかり 設置場所変更」

「お申込みへ」ボタンを押す
メンバーズステーションにログインするには、「ユーザID」と「パスワード」が必要です。
※ユーザーIDとは、raから始まる13桁の文字です。
パスワードと合わせて、契約時に楽天から送られてくる書類「楽天ひかり アカウントのお知らせ」に記載されています。

(2)カスタマーサポートに電話申込をする場合

私も当初はWEBで申し込もうとしたのですが、なぜか下記のようなエラー画面が出て手続きできず…。


「お客様がご選択された手続きは…本ページからお申し込み頂けません。」と表示される

楽天ひかりのチャットで「エラー画面が出る」と問い合わせると、「時間を置いて再度アクセスしてください」との返答でしたが、1日経っても解決できませんでした。
そのため、電話での申し込みに切り替えました。

カスタマーセンターの電話窓口(楽天ひかりを契約中の方)は、下記の番号になります。

楽天ブロードバンド カスタマーセンター
TEL: 0800-600-0222(通話料無料)
営業時間 9:00~18:00

メンバーズステーションにログインするための「ユーザID」と「パスワード」がどうしてもわからない方も、電話で手続きを申し込みましょう。

電話で聞かれるのは、名前と現在の契約住所、それから引っ越し予定日と引っ越し先の住所だけです。

手順② コンサルティングからの電話を受ける

WEBか電話で引っ越し手続きの申し込みが完了すると、次にコンサルティングから折り返しの電話を待ちます。
新居でインターネット開通工事が必要なのか、工事費がいくらかかるか、などの詳細はコンサルティングの方から説明があります。

また、このコンサルティングと連絡が取れないと、引っ越しの手続きが進みません。
しばらくは、知らない電話番号からでも必ず電話に出るようにしましょう。

ちなみにいつコンサルティングから連絡が来るのか聞いたところ、だいたい1週間程と言われました。結構かかりますね…。

混雑状況によりますが、私の場合、電話がかかってきたのは申し込みから3日後でした。
(火曜午後に申し込んで、金曜に電話がかかってきました)

コンサルティングの方と電話で確認するのは、

  • 新しい住所の再確認
  • 新居で工事が必要かどうか(工事業者の派遣有無)確認
  • 開通工事費用(費用は後述)
  • 新居の光コンセントがどこにあるか確認

などです。

「今、光コンセントを確認できますか?」と言われましたが、新居にいなかったので翌日確認して、こちらからコンサルティングに電話しました。
既に新居に移っているならすぐ確認できますが、まだ引っ越していない場合は事前に確認しておきましょう。

光コンセントの確認ができたら、そこから開通日(工事日)の調整です。
また、光コンセントがない場合でも、LANコンセントや電話マークのモジュラージャックがあれば他のプランを紹介されるので大丈夫です。

手順③ 工事日と費用の確認

私の場合、引っ越し先はNTTフレッツ光が使える賃貸物件だったため、業者を派遣する工事は不要でした。

あとはONU(もしくはホームゲートウェイやVDSLモデム)などの新しい機器が郵送で送られてくるのを待てばいいのですが、機器が届くのは最短で10日後でした。

最初の手続き申し込みから数えると、工事なしでも2週間かかります。
※この日数は私の場合なので、混雑状況によって前後します。

また引っ越し先で、NTT業者による工事が必要な場合は、業者との日程調整があるのでもっと待たなければいけません。

引っ越しが決まったら、予定日の1ヶ月以上前に手続きの申し込みをしましょう!(切実に)

手順④ 古い機器の返却と新しい機器の設置

NTT業者の方による工事がある場合、ONUなどの機器の設置までしてもらえると思いますが、工事なしの場合は郵送で送られてきた機器を自分で設置したり、古い機器を返却する必要があります。

楽天ひかりから送られてくるのは下記の2つです。
(旧住所か新住所、好きな方に送ってもらえます)

  • (1)古い機器を返却する袋
  • (2)新しい機器が入った小型ダンボール箱

(1)の返却袋は、既に送り先伝票が貼ってあり、郵送費用もかかりません。
古い機器を袋に入れたら、郵便局に持っていくか、連絡して配達員に取りに来てもらってください。

(2)の新しい機器は、下記のような小型のダンボールで送られてきます。

インターネット開通キット

この中にONUなどの機器とインターネット接続ガイドが入っているので、設定ガイドを見ながら、自宅のパソコンやWi-Fiルーターに接続してください。

手順⑤ 手続き完了&契約者情報の変更手続き

手順④でインターネットの引っ越しは完了ですが、契約者情報に変更がある場合は、メンバーズステーションにログインして、

「会員メニュー」

「登録情報・設定変更」

「ご契約者さま情報」

から変更をしましょう。



楽天ひかりの移転工事費はいくら?

楽天ひかりの引っ越しでかかる費用は、

  • NTT東日本エリアから西日本エリアに移動するか(逆も同様)
  • 工事業者の派遣が必要か
  • 屋内配線の工事があるか

などで違ってきます。

東日本エリア内/西日本エリア内での引っ越しの場合

工事内容費用
業者派遣あり屋内配線の工事あり戸建て9,000円
集合住宅7,500円
屋内配線の工事なし6,500円
派遣なし2,000円

エリア外(東日本エリア⇔西日本エリア)への引っ越しの場合

工事内容費用
業者派遣あり屋内配線の工事あり戸建て18,000円
集合住宅15,000円
屋内配線の工事なし7,600円
派遣なし2,000円

参考:よくある質問 引っ越し(移転)で楽天ひかりを引続き利用するときの工事費は? 楽天モバイル株式会社

私のように工事業者の派遣が必要なければ2,000円ですが、業者の派遣が必要で、エリア外への引っ越しだと費用が結構かかリます。

まとめ

まとめると、楽天ひかりの引っ越しの流れは下記のようになります。

①WEBか電話で引越し手続き申し込み(1ヶ月以上前を推奨!

②楽天ひかりのコンサルティングから電話をもらう

③工事日や費用などの確認

④古い機器の返却と新しい機器の設置

⑤新居でインターネット接続設定

楽天ひかりの公式ページでも手続き方法が簡単に紹介されているので、わからない点があれば下記のページをご確認ください。
https://hikari.rakuten.co.jp/hikarisupport/moving/

また、この記事で紹介している「楽天ひかり」の引っ越し手続きと、「楽天ブロードバンド フレッツ光/楽天ブロードバンドフレッツ・ADSL」、「楽天ブロードバンド ADSL」の引っ越し手続き方法は違います。
同じく上記の公式ページをご確認ください。