無線LAN子機「ASUS PCE-AC58BT」の取り付け方【画像付】

制作メモ

先日パソコンの買い換えで、Adobeもさくさく動くデスクトップPCを購入したのですが、オプションで無線LAN子機を付けるのを忘れたため、家のWi-Fiに接続できない!!という事態に。

後からAmazonで無線LAN子機を買い、パソコン本体の蓋を開けて、マザーボードに差し込んで、と後付けしたので、その手順を写真付きでご紹介します。

「ASUS PCE-AC58BT」の中身

購入したのは、下記の無線LAN子機「ASUS PCE-AC58BT」。
(ドスパラさんで購入したPCのオプション品として紹介されていたので)

無線LANだけでなく、Bluetooth5.0も使えるようになります。

まず中身を確認しましょう。
(ちなみに説明書は役に立たなかったです…)

「ASUS PCE-AC58BT」の中身

  • PCE-AC58BT本体…マザーボードに取り付けるカード本体
  • ロープロファイルブラケット…省スペースパソコンなどスリムタイプのPC用ブラケット
  • アンテナベース…本体外に設置できる外部アンテナ
  • Bluetooth用ケーブル(4ピン・9ピン)…Bluetooth5.0対応にしたい場合に、PCE-AC58BT本体とマザーボードのUSBヘッダーをつなぐケーブル
  • サポートCD…ドライバのインストール用CD

Bluetoothは必要ないよ!という場合、Bluetooth用ケーブルは使いません。

パソコン本体の開け方

まずパソコンをシャットダウンして、本体後部にある電源ボタンもオフにしてください。
そしてマザーボードの基盤が見える方を上にして、パソコンを横に寝かせます。

次に蓋を開けます。
本体後部のネジ2つをドライバーを使って外し、蓋を後ろにスライドさせて開けます。

パソコン本体の蓋の開け方

マザーボードへの取り付け方

本体を開けたら、本体後部側の方に「PCI Express スロット」と呼ばれる差込口があるので、そこに無線LANカード本体を上から差し込みます。
(「ASUS PCE-AC58BT」の場合、PCIE×1と書かれているスロット)

無線LANカードを差し込む場所「PCI Express スロット」

無線LANカードを差し込む前に、スロット横のPCIスロットカバーを外しましょう。

PCIスロットカバー

①PCIスロットカバーを外す
②無線LANカードのブラケット(金属製の固定用金具)をスロットカバーの溝に沿ってスライドさせ、
③無線LANカードをスロットに差し込む

スロットカバーがネジで固定するタイプの場合は、無線LANカードを差し込んだら再度ブラケットをPCに固定するのにネジを使ってください。

Bluetoothも設定する場合は追加のコードも使用

「ASUS PCE-AC58BT」にはBluetooth5.0通信が使える機能も搭載されています。
こちらも設定したい場合は、さらに付属のBluetooth用ケーブルで、PCE-AC58BT本体とマザーボードのUSBヘッダーをつなぎます。

ケーブル端子の穴と、USBヘッダーのピンの位置が合っていることを確認して、しっかり差し込んでください。

これで内部の接続作業は終了!
PC本体の蓋を元通りに閉じます。

外部アンテナを接続して通信環境を調整

「ASUS PCE-AC58BT」には外部アンテナも付属しているので、PC本体の外側からアンテナをつなぎ、好きな場所に設置してください。

外部アンテナを接続する

最後にドライバをインストールして動作確認

必要な部品の取り付けが終わったら、パソコンを起動して、付属のCDからドライバをインストールしましょう。

インストール後、Wi-Fiに接続できているか確認して、作業が全て完了です。
お疲れ様でした!

パソコンの中をいじるのは初めてだと怖いかもしれませんが、やり方がわかれば意外と簡単です。

それでもちょっと不安だな…という方は、外からUSBポートに刺すだけの下記のようなタイプも検討すると良いと思います。